左腕の鬼

小学生の頃でした…

野球をやってたけどホームランも打てなきゃ速球も投げれない

そんなジレンマをマンガが解消してくれました。

当時、流行っていた「男どアホウ甲子園」「ドカベン」「キャプテン」といった名作にも触発されてマンガの中でキャラクターたちに

自分の思い描くプレイをしてもらったのです。

それが自分のマンガの始まりでした。

 

タイトルは「左腕の鬼」左腕の鬼

サウスポーの投手 火伏 明と右投手の水鬼 健の二人は子どもの頃からライバルだった。

そんな二人が同じ高校に入学してバッテリーを組むことになります。

左と右のエースでありながらキャッチャーでもある両名は甲子園を目指すというストーリー。

 

当時を思い出しながら描いてみました。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中